導入事例

エコリオOS-23tp 導入事例

エコリオOS-23tp 導入事例

得られるはずの利潤を水と一緒に捨てていませんか?

ecolio OS-23h 200V 揚げ物を扱う食品加工工場様向け

通常、揚げカス処理は水を加えてから廃棄しますが、揚げカスには重量の約50%の油が含まれています。
そのまま捨てては、とても”もったいない”と思いませんか?
使える物を捨て、水を加える事で更にゴミの量が倍増しゴミ処理費用が嵩みます。
だからと言って水を加えず放置すれば発火の危険があります。
エコリオで揚げカスを固形状の搾りカスと油に分離することで油はフライヤーで再利用することができます(※1)。
固形状の搾りカスは圧縮されていますので、ゴミの量も減ります。
この固形状の搾りカスはそのままゴミ箱にいれても発火の危険はありません(※2)
これによって、油購入費用とゴミ処理費用のコスト削減ができます。
※1 : 財団法人日本食品油脂検査協会にて検査済み
※2 : 社団法人日本海事検定協会にて非危険物の認定済み

某食品工場実データに基づく搾油効果

某飲食店実データに基づく搾油効果
業種別導入事例 業種別導入事例 業種別導入事例
  • エコリオ製品紹介動画を見る
  • 導入事例
  • 製品案内
  • エコリオとは
ページトップへ
Copyright © 株式会社エコリオ All Rights Reserved.